blog_entry

キャプテン


Amazonプライムビデオで観賞

 

昔、漫画もアニメも見ていたはずなのに、大人になってから改めて見るとそれはそれでとても新鮮で、はじめてみる感じだったのと、記憶違いなどもありとても楽しめた

オープニングカットはとても残念

著作権などが問題なのだろうけれど…

しかし作品の中で何度か流れるし、それもとてもいい場面でながれるのですよね…

 

さて

子供の頃はまったく気づかなかったけど、代々キャプテンが中心となることでタイトルがキャプテンなんですね!

谷口キャプテンの記憶は結構強く残っていたけど、最後血が付いたボールを投げるシーン、あれって爪を剥がしただけでなく骨折もしていたのか…

今回初めて知った

細かい勘違い、忘れていたことを改めて知れた

たとえば丸井に勘違いされ、それを誤魔化そうと特訓して頭角を現しキャプテンになった経緯

時代が時代なので過酷な特訓=上達という図式は今の時代では不似合いだが、設備が整っていない弱小チームはそういう工夫でもしないかぎり金持ちチームと対等に渡り合っていけないのは、今の時代も同じ

魔球など現実離れした設定はなく、とても身近に思える野球作品

 

原作は近藤がキャブテンになってますが、アニメはイガラシキャプテンで終わっています

最後まで知りたいので、やはり漫画も読み直し…でしょうか

 

大人になって見て思ったことは

丸井ってお節介で一緒に居ると疲れそうとか

なにかあるとキャブテンの意向に反発する部員など、イラッイラッとする個所がある

でも同世代で見ればあるあるな展開なんだろうな〜と

子供の頃に見たといってもリアルではないので、再放送などカットされていただろうし…

Amazonプライム版はオープニングだけで内容のカットはなかったと思いたい

 

リアルで漫画を読みアニメを見ていた世代は自分より上

その方たちが今見ても古さはあまり感じないと思います

 

よい作品はどれだけの年月が経っても色あせないものなんだと実感

 

見たことがある人も、そうでない方も、是非この機会に見てください

 

 

アニメ | - | - | TOPへ

幼女戦記


Amazonビデオで視聴

 

三木眞一郎さんが出ていたので、ほぼメインはそっちが目当て

ゆえに内容はまったく期待せず、むしろタイトルの幼女ってなに?

ロリコンがうじゃうじゃ出てくる萌え系かよ…ウザッ

というのが本音

 

ところが、蓋を開けてみたら出てくるのは主人公のターニャとその副官以外はほぼ男

しかもおっさん…

 

それはもう、よりどりみどりいろんなタイプのおっさんが出てきて

こりゃおっさん好きにはたまらん作品だな…と

 

冒頭は昨今流行の異世界転生からはじまり、

転生先は異世界でしかも性別が違うなど、さまざまな枷が用意されている

 

生前は会社の人事に関わりリストラ宣告などを担当していたおっさんサラリーマン

リストラした社員から逆恨みされ、ホームから突き落とされ電車にひかれる

 

が、神の采配により死ぬ直前の時間が止まるが、神への信仰心がないおっさんサラリーマンを転生させてしまう

そこは異世界、戦争中の国で神に祈りを捧げると膨大な魔力を発揮するという力を与えられる

 

自分を幼女に転生させ戦争に参加させた神を呪いつつも神に祈りを捧げなければ生き抜けない

憎しみ、生への執着に加え、生前の記憶と知識があるので、現代日本では当たり前の言葉が時折出てくるし、近代日本で培った知識もある

中身はおっさん、外見は幼女

しかし転生したと知らない異世界の面々は、幼女にしては恐ろしいまでの判断力や非道さ、冷血さなどから幼女の皮をかぶった化け物と言われている

 

ターニャは思い描いた安泰を求め、言葉巧みにおっさん上官に気に入られ幼女だが昇格していく

先の先までを想定して動くが、ここぞというところで神に阻まれたりして最前線送りにされたり、死の片道切符的な作戦を強要されたりと散々な目にあう

 

それでもなんとか終戦まで持ちこたえたが、圧倒的な力を持つ帝国に反旗を翻した者たちの抵抗により、終戦にはならず…

 

といった展開

 

面白かったのだが、最終話はちょっと物足りなかったかな

ターニャらしいところもあるけど、イマイチ

 

戦記ものやおっさん、軍隊好きさんは見る価値があると思う

 

アニメ | - | - | TOPへ
| 1/309PAGES | >>
blog_entry

Recommend