blog_entry

2018年6月読書メーターまとめ


6月の読書メーター
読んだ本の数:39
読んだページ数:7530
ナイス数:73

ヤクザと結婚なんてデキません!〜その女、男装女子につき〜【限定ペーパー付】 (ラブコフレコミックス)ヤクザと結婚なんてデキません!〜その女、男装女子につき〜【限定ペーパー付】 (ラブコフレコミックス)感想
作家買い。綺麗な男性を描く漫画家さんなのですが、今回は強面系の男性をヒーローにしたヤクザもの。強面ヒーローのヒロインに対するデレ感がツボでした。
読了日:06月23日 著者:来岬未悠
10DANCE(4)特装版 (プレミアムKC ヤングマガジン)10DANCE(4)特装版 (プレミアムKC ヤングマガジン)
読了日:06月17日 著者:井上佐藤
フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス 2 (少年チャンピオン・コミックス)フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス 2 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:06月16日 著者:米原秀幸
金田一37歳の事件簿(1) (イブニングKC)金田一37歳の事件簿(1) (イブニングKC)
読了日:06月16日 著者:さとう ふみや
ジャンプSQ.(ジャンプスクエア) 2018年 07 月号 [雑誌]ジャンプSQ.(ジャンプスクエア) 2018年 07 月号 [雑誌]感想
るろうに剣心が再開。左之と再会するもあまりの髭面に剣心も気付かない(^_^;)これからも懐かしいキャラの再登場に期待したい。ほかモリアーティとこの音が良かった
読了日:06月16日 著者:
ともだちのうた (KC デザート)ともだちのうた (KC デザート)感想
歌手を目指す高校生が分かり合える親友と出会うのだが、お互いに歌手を目指すはずが後からきた親友の方が選ばれデビューしてしまう。友達だけど悔しい。友達だから自分だけ先に行くのは嫌。どちらの気持ちもわかるだけに読んでて切ない。だけどいつも一緒にいるだけが親友ではないという言葉が胸にささる。最後の結婚式はうるっときた。もうひとつは男友達だけど本当は片恋。気持ちに蓋して友達でい続けるけど最後は男女の仲になってハピエンというもの。個人的には歌手の話の方がよかった。
読了日:06月14日 著者:岩下 慶子
リビングの松永さん(4) (KC デザート)リビングの松永さん(4) (KC デザート)感想
ミーコと松永さんの関係がじれったいな!けど大人とJKじゃ簡単にはいかないと思うけど、松永さんの無自覚ってそれはないわ〜さらに赴任してきた先生って松永さんの元カノだよね。もうもう、嵐の予感というか一波乱は絶対にあるよね。ミーコからのキスの件も、松永さん、寝たフリって…
読了日:06月13日 著者:岩下 慶子
午前0時、キスしに来てよ(8) (講談社コミックス別冊フレンド)午前0時、キスしに来てよ(8) (講談社コミックス別冊フレンド)感想
やっぱな〜親なら芸能人との恋愛、賛成はできないよね。別れたくないのに引き取って育ててくれたお母さんのためにも別れを口にしてしまう日奈々、切ない!楓がますます日奈々大好きオーラ全開で読んでるこっちが赤面だよ。次は日奈々の抱えている問題解決に突入のようで、楓がさらにかっこよく活躍するような予感がする。にしても、日奈々はいい子だな〜
読了日:06月13日 著者:みきもと 凜
ヒトごろしヒトごろし感想
2日間で読了。とても分厚い本だけどその長さを感じさせないくらい楽しめた。新選組や土方のことを一般知識程度知っていた方が楽しめると思う。解釈の仕方が斬新なのと、殺したいから新選組を作ったという土方の考えの方がとてもしっくりくる。とはいえ新選組や土方を崇拝している人にとってはいささか嫌悪を感じるかもしれない。とにかく土方と沖田と山崎の壊れっぷりが半端ない。沖田を溝鼠扱いだもんね。鴨暗殺までがかなりイカレているのでさらなるイカレっぷりを期待してしまうと後半は萎える。土方、あまり人殺ししなくなるので→続く
読了日:06月13日 著者:京極 夏彦
死神憑きの浮世堂 (小学館文庫キャラブン!)死神憑きの浮世堂 (小学館文庫キャラブン!)感想
ホラーとのことでしたが、個人的にはホラー感はまったく感じませんでした。殺人姫となってしまった謳子にも恐怖より哀れみ感の方が強く残ってしまう。利市も一線を越えなかっただけで抱く感情は謳子と同じだと感じたし、ぬいと謳子も自身の意思とは関係なく生き返らせられてしまい根底にある感情は同じだと思う。怖さより悲しさが前面にある作品だったかな…と感じた。
読了日:06月11日 著者:中村 ふみ
報道ギャングABSURD! 5 (プレイコミックシリーズ)報道ギャングABSURD! 5 (プレイコミックシリーズ)
読了日:06月09日 著者:米原 秀幸
報道ギャング ABSURD! 4 (プレイコミックシリーズ)報道ギャング ABSURD! 4 (プレイコミックシリーズ)
読了日:06月09日 著者:米原秀幸
報道ギャングABSURD! 3 (プレイコミックシリーズ)報道ギャングABSURD! 3 (プレイコミックシリーズ)
読了日:06月09日 著者:米原 秀幸
報道ギャングABSURD! 2 (プレイコミックシリーズ)報道ギャングABSURD! 2 (プレイコミックシリーズ)
読了日:06月09日 著者:米原 秀幸
サンセットローズ 21 (少年チャンピオン・コミックス)サンセットローズ 21 (少年チャンピオン・コミックス)感想
2巻〜21巻まとめて感想。途中まではとても面白く先の展開が読めなかった。しかし18巻くらいから全21巻なので畳みかけるような展開になるのでは…と予感。思っていたほど足早な展開ではなかったけど、向こう側に行くとこで終わるのは勿体ないな〜と思ったり。でも当初はサンを家に帰すことなので、こういう終わりもあるのかな〜と納得しなきゃいけないなと、自分の中ではあまりスッキリした結末ではなかった。
読了日:06月09日 著者:米原秀幸
サンセットローズ 20 (少年チャンピオン・コミックス)サンセットローズ 20 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:06月09日 著者:米原秀幸
サンセットローズ 19 (少年チャンピオン・コミックス)サンセットローズ 19 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:06月09日 著者:米原秀幸
サンセットローズ 18 (少年チャンピオン・コミックス)サンセットローズ 18 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:06月09日 著者:米原秀幸
サンセットローズ 17 (少年チャンピオン・コミックス)サンセットローズ 17 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:06月09日 著者:米原秀幸
サンセットローズ 16 (少年チャンピオン・コミックス)サンセットローズ 16 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:06月09日 著者:米原秀幸
サンセットローズ 15 (少年チャンピオン・コミックス)サンセットローズ 15 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:06月09日 著者:米原秀幸
サンセットローズ 14 (少年チャンピオン・コミックス)サンセットローズ 14 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:06月09日 著者:米原秀幸
サンセットローズ 13 (少年チャンピオン・コミックス)サンセットローズ 13 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:06月09日 著者:米原秀幸
サンセットローズ 12 (少年チャンピオン・コミックス)サンセットローズ 12 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:06月09日 著者:米原秀幸
サンセットローズ 11 (少年チャンピオン・コミックス)サンセットローズ 11 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:06月08日 著者:米原秀幸
サンセットローズ 10 (少年チャンピオン・コミックス)サンセットローズ 10 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:06月08日 著者:米原秀幸
サンセットローズ 9 (少年チャンピオン・コミックス)サンセットローズ 9 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:06月08日 著者:米原 秀幸
サンセットローズ 8 (少年チャンピオン・コミックス)サンセットローズ 8 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:06月08日 著者:米原 秀幸
サンセットローズ 7 (少年チャンピオン・コミックス)サンセットローズ 7 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:06月08日 著者:米原 秀幸
サンセットローズ 6 (少年チャンピオン・コミックス)サンセットローズ 6 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:06月08日 著者:米原 秀幸
サンセットローズ 5 (少年チャンピオン・コミックス)サンセットローズ 5 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:06月08日 著者:米原 秀幸
サンセットローズ 4 (少年チャンピオン・コミックス)サンセットローズ 4 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:06月08日 著者:米原 秀幸
サンセットローズ 3 (少年チャンピオン・コミックス)サンセットローズ 3 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:06月08日 著者:米原 秀幸
サンセットローズ 2 (少年チャンピオン・コミックス)サンセットローズ 2 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:06月08日 著者:米原 秀幸
アンデッドガール・マーダーファルス(1) (シリウスKC)アンデッドガール・マーダーファルス(1) (シリウスKC)感想
原作の小説がとても面白かったのでコミカライズにも手を出してみたけど、津軽が幼すぎません?なぜ表紙を描いた人に頼まなかったのかな〜もうね、小説の中で思い描いていた人物像と離れているので、続き、どうしようかな…
読了日:06月06日 著者:友山 ハルカ
BABEL 1 (ビッグコミックス)BABEL 1 (ビッグコミックス)感想
あの八犬伝のお話が新しく生まれ変わる!的な売り文句に釣られ購入。今のところ、なかなかよい展開です。神の狗が犬というより狼っぽいのが気になりますが、まあ犬もこの頃は狼的な雰囲気が強かったってことですかね…
読了日:06月06日 著者:石川 優吾
愛が死ぬのは君のせい 1 (マーガレットコミックス)愛が死ぬのは君のせい 1 (マーガレットコミックス)感想
なんだかまた複雑っぽいお話になりそうです。ホラーっぽいようなSFっぽいような。結局のところ、愛生が幼馴染で片恋の一墨を取り戻すのか、それとも一墨の体内に入ってしまったワルツに心惹かれていくのか、その辺りに愛生を突き飛ばしたイケメンがどう絡んでくるのかってところですかね。あまり複雑化しないでほしいな〜
読了日:06月06日 著者:桃森 ミヨシ,鉄骨 サロ
約束のネバーランド 9 (ジャンプコミックス)約束のネバーランド 9 (ジャンプコミックス)感想
ノーマン、生きてた!やっぱね〜と自分の予想が当たってたことが嬉しくて、今まで謎だったことが解明されていく貴重な展開なのに吹っ飛んでしまった(;^_^A まさか裏切りにあっていたなんてね…ミネルブァさん。言葉の離せない太った子が言ってる番号ってノーマンのことだし、エマが気づくことがあればいいな〜と密かな期待。展開が気になる
読了日:06月05日 著者:出水 ぽすか
ホリミヤ(1) (Gファンタジーコミックス)ホリミヤ(1) (Gファンタジーコミックス)感想
思っていたのと違ってたけど、面白かった。高校生でピアスと刺青、チャラいのかと思ったけどそうでもなく、少しずつ交友関係が広がっていく展開が自然でいいな。続き、読もう。
読了日:06月05日 著者:HERO,萩原 ダイスケ

読書メーター
小説・コミック | - | - | TOPへ

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー


公開初日、字幕の1回目上映で鑑賞

 

平日の午前中ということで、初日にしてはスカスカな状態

客層は9割方男性、高齢の方が占めていた

 

男性が近くにいるとちょっとという方はレディースデーなどを利用した方がよいと思われます

 

内容はハンソロの若い頃が描かれています

 

ソロて苗字の由来が「え、そんなんでいいの?」という流れに衝撃!

それだけ身分の低い、人間扱いされない場所で育った人なのです

その環境から抜け出したく行動を起こしますが見つかってしまい、恋人が犠牲になることで生き延びます

最初、帝国軍の兵士になるのも想定外な感じでした

ハンの中には犠牲になった恋人への思いがずっとあり、3年経っても連れ戻しに行きたいと思っています

ハンソロってそんなキャラだっけ? とやや小首を傾げてしまいます

まあ、一途なところはあるかもしれないけど

いろいろあって恋人と再会はできるのだけど、立場がかわっていた

あま女は諦めた方がいいという助言も無視、しかし結局は女の方が上手でこの恋が実ることはない

始終、ハンソロの人生に女の存在があるので、やはりなんか違う感がずっと残ったままエンディングに

 

――が!

 

チューバッカとの出会い、彼との信頼関係、絆などは見どころがある

 

チュー、かっこいいのだ

 

男気があるのはチューですよ

 

ハンソロの淡い恋物語なんて描かず、もっとチューバッカとのあれこれを掘り下げ、運び屋として危険と隣り合わせのスリリングなシーンを追加してほしかったです

 

運び屋になる手前で終わってるし…

 

本国では不評だったらしいですが、それを聞いての鑑賞のためか、思っていたほど悪くはなかったです

 

なっとくできない設定もありましたが、それでも飽きずに最後まで見たので

 

シリーズ通してスターウォーズが好きなら見た方がよいかもしれません

ただハンソロというキャラを好きな方は、意見がわかれそうです

 

また、ハリソン・フォードのハンソロが好きという拘りのある方は自己責任で…

 

映画 | - | - | TOPへ
| 1/327PAGES | >>
blog_entry

Recommend