<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

トゥームレイダー ファースト・ミッション

[ 映画 ]

公開から1週間が過ぎた本日レディースデーの朝イチで鑑賞

字幕

平日の朝ということもあり、混みあってはいなかったけど、かといってスカスカでもなかった

間引く感じで席がほどよく埋まっていました

レディースデーでしたが、男性のおひとりさまや70代くらいにみえるご夫婦などが目立ちました

女性も年齢高め、全体的に男性の方が多い

もしレディースデーで男性の人と隣接したくない場合はもう少し公開から間を開けるなどの工夫が必要かもしれません

 

トゥームレイダーはアンジェの頃から見ています

この作品はタイトルにファストミッションとあることから、まだまだ未熟なララの活躍が見れます

アンジェのララ役とくらべても個人的にはあまり違和感はなかったです

いずれいろいろ知り肉体と精神を鍛えアンジェ演じるララに近づいていくのだと思うので、むしろ初々しさと危うさが相まってよかったです

 

――で、今回の遺跡ですが

なぜか卑弥呼なんですよね

 

個人的にここ1カ月くらいに小説で邪馬台国、漫画でも邪馬台国をネタにしたものを無意識に読んでしまっていたので、「またかっ!」みたいな

それぞれ解釈が違うので作品個々の味が出てはいるのですが

トゥームレイダーの方はいただけない、なぜ香港?

ララの父親が行方不明になった時の捜索は日本警察がしたそうですが、となると作品の中に出てくる卑弥呼の墓があるとされる島は日本国領てことで、そこに他国の漁船とかが近づけば日本はそれ相応の警告をするんじゃないの?

しかも7年も他国の人間が我が物顔でお墓周辺を爆破しまくってるんですよ

それでいいのか、日本!

それとも卑弥呼の墓がある言われる架空の島は日本領じゃないのか?

卑弥呼に対しての知識、邪馬台国の知識もかじられず、ただただ邪馬台国と卑弥呼を使って二次創作しちゃいました

みたいな仕上がりでした

もろもろツッコミどころ満載な卑弥呼ネタでした

 

 

以下ネタバレ

 

 

 

 

最後は疫病を食い止めるためにララの父親は身を挺して卑弥呼の墓を爆破、疫病のもとを持ち去ろうした者はララが成敗

無事脱出不可能というわれ島を脱出し、ララは父親の残したものすべてを相続

ところが卑弥呼の件で敵対した組織もララの父親の財産のひとつだった

さらに保護者代わりとしてララの面倒をみてくれた女性がその組織の親玉っぽい展開になって終わったので、続きも近いうち作られると思われます

 

2018.03.28 Wednesday 21:45 | - | - | 
<< 2018年2月読書メーターまとめ | main | 2018年3月読書メーターまとめ >>