blog_entry
<< 2018年3月読書メーターまとめ | main | 2018年4月読書メーターまとめ >>

名探偵コナン ゼロの執行人


公開翌日の土曜日、早朝上映で鑑賞

時間帯もあり土曜日にしては空いていた

客層も年齢が高めで、男女比率は半々くらい

子どもといえる年齢層は全体の1割くらい

 

今作は子供向けとしてとらえるとかなり難しめになっているため、知らない言葉聞き慣れない言葉が立て続けに出ると子供はわからなくなり飽きてしまうのか、話し声が気になる時間帯があった

すべての子供が飽きて話し出してしまうわけではないので一概には言えないが、そういったアクシデントが気になる人は、見る曜日や時間帯の考慮が必要かと思う

 

今年で22作品、一応22作品を劇場で鑑賞記録は更新中

ここ数年の作品の中ではかなりお気に入りの展開内容かな

アクションあり、推理あり、犯人に関してはあたかもこの人が犯人と思わせておいての意外性(個人差はあるとは思う)、終わったと思った事件の続きなど、最後まで飽きさせない

蘭ちゃんのありえないアクションがここ数作品なくなっている分、コナンやそれ以外のキャラのアクションの度合いがアップ

もうね、人間業じゃないですよ

安室さんのカーアクションはほかの作品でも見たけど、コナンが「死ぬかと思った」と感じるくらいのことをします

つーか、普通死ぬし

いやいや、普通そんなことしないし考えないし、公安の人ってあそこまで身体張らないでしょとツッコミつつも、全体的に飽きさせないしハラハラドキドキさせてきれた

安室キャラが好きな人は絶対に劇場に行くべき

別のキャラがコナンと同等くらいの位置づけにもってくる劇場作品が続いているので、そろそろあの人がくるだろうと思ってたら、やっぱり来た

次回作はキッドですよ、キッド!

 

――で今作ですが、公安という謎の組織について

安室さんは違法捜査もわかっていてやるのですが、いくらコナンの協力が欲しいからといって小五郎を逮捕させちゃうのはどうかと思うわ

時間稼ぎのためとはいえ、その理由を聞いて納得しちゃうコナンにちょっとガッカリです

だってね、いくら国のため国民のためといったところで、好きな蘭ちゃんの父親を犯罪者扱いしたんですよ

蘭ちゃんを泣かせるようなことをした理由で納得すんな!

男ならガツーンと一発殴らせろくらい言えや!

とまあ、誰の心情に視点を置くかで意見が別れそうな設定でもあります

 

時間があればもう1回は見てもいいかな

犯人がわかっている状態で見ることでまた違った楽しみ方もあるかな…とも感じました

 

ゲスト声優に関しては、おふたりとも違和感なくよかったです

声優職でない方が担当される場合、違和感あるときとない時とあるのだけど、今回はなかったな〜

個人的に業火の向日葵の時が超最悪だったんで、あれと比べるとどれも違和感ないってなっちゃうかも…

 

今回は大画面で見るための作品と思うので、少しでも気になったら劇場で見ることをお勧めします

 

映画 | - | - | TOPへ
blog_entry

Recommend