blog_entry
<< 天は赤い河のほとり ※宝塚宙組 | main | 2018年5月読書メーターまとめ >>

京成バラ園 ベルサイユのばら


5月21日、京成バラ園にて池田理代子先生と凰稀なつめさんのトークショウがあるので、開園時間に間に合うように朝から出かけました

 

当初は先着配布の整理券をもらう予定でしたが、アレクサに起こしてもらうよう設定したアラームも効果なく大寝坊

でも後方から見ることはできるので、早めにバラ鑑賞して場所取りすることにしました

 

今年の薔薇は例年より1週間ほど早咲だったようで、残念ながらアントワネットの薔薇を見ることはできませんでした

それでも好きな作品のキャラをイメージした薔薇を直接見れた感動は半端なく、まだ人もまばらだったので気にせず写真とりまくり

その写真はInstagramの方に一部公開しています

 

もともと紫がかったバラが好きなので、フェルゼンの薔薇は理想そのもの

写真で見てそう感じたのは間違いではなかった!

 

直接見るフェルゼンの薔薇は彼らしいものでした

おうちに持って帰りたく鉢植え購入を真剣に考えましたが、よくよく考えたらうち、花を育てる趣味はないのです

たぶん三日坊主どころではなく、買ったことに満足してそのまま枯らしてしまうにきまっているので、あきらめました

 

ロザリーの薔薇もベルばらの薔薇もオスカルの薔薇もイメージ通り

アンドレが黄色なのは意外で、その件はトークショウでも語られていました

 

青い色を出すのはほぼ無理なので、それカラーを外すと黄色がイメージなのだとか

 

全部で6種、これ以上は増えないのでしょうか

できればアランも見てみたいし、ジュローデルも見てみたい!

 

トークショウはとても有意義な30分で、なにより幼い頃に出会ったベルばら、アニメもヅカも見つくしたくらい見まくった作品の原作者様を生で拝見できる奇跡のような時間

それにくわえ、凰稀かなめさんもいらっしゃるとか

わし、もうこのまま死んでもいいです!

 

だったね、炎天下、日陰の場所はなくカンカンてりてりの中にさらされること2時間(場所取り時間含む)

熱中症にならなかったのが奇跡ですよ!

 

ベルばらの時代の貴族の恋愛事情や来年はヅカ公演45周年の告知など、

さらに当時はどういうお気持ちでベルばらを描いていたかなどの貴重なお話も聞けました

 

あ、ベルばらヅカ公演45周年はこの時よりも前に知ってましたので、ベルばらOB、目的の方の日のチケは取る気満々なのです

 

そうそう、ヅカのベルばらはその時のトップの人のイメージでオスカル編、フェルゼン編が決まるのだそうです

 

へえ〜というような裏話も聞け、ホント、このまま死んでも…と思いましたわ

 

ま、熱中症にもならず無事帰宅しましたけどねwww

 

来年、少し早めにまた来場してアントワネットの薔薇を拝見したいです

 

戯言 | - | - | TOPへ
blog_entry

Recommend