blog_entry
<< 名刺ゲーム/社長室の冬/北斗/イノセントデイズ | main | 昼顔/PとJK/22年目の告白/永い言い訳 >>

空飛ぶタイヤ


公開初日、2回目の上映で鑑賞

平日の昼間ということもあり、初日にしてはガラガラ、平均年齢も高くどちらかといえば中高年男性の比率が高い

 

ドラマ版を見てとてもよかったので映画版を見ることにした

原作は未読

 

どうしてもドラマ版のキャスティングと仕上がりを比べてしまう

やはりドラマ版の方がじっくりと描かれていて、中小企業の社長が大手会社に立ち向かう厳しさのようなものがダイレクトに伝わってきた

映画版はキャスティングが全体的に若くしたような感じなので、軽い感じかな

智也くんや深キョンは好きな役者なので、大画面で堪能できる楽しさ以外は正直あまり残るものはなかった

 

どうしたって2時間くらいで収まる内容でないのだから、内部告発か中小企業の苦悩の戦いか、どちらかの視点に拘ればよかったのにと思う

智也演じる中小企業の社長の戦う姿勢と、大手企業の社員が自社のリコール隠しを告発する対応、どちらも中途半端

 

役者目的でないならドラマ版がオススメ

 

しかし、映画版は無駄にキャストが豪華なので、お目当ての役者さんがいるなら大画面で堪能するのもアリだと思う

 

見る曜日や時間帯によっては男性が多かったり高齢者が多かったりすると思うので、気になる方は考えた方がよいと思います

 

ちなみに、わたしが見た時は映画鑑賞に慣れていないのか、始まってから入ってくる人、途中でスマホ使用してしまう人が目立っていた

特にスマホ使用は暗い中なので画面開くと目立つし、とても迷惑でした

 

一部の人でしょうが、高齢者の映画鑑賞マナーが悪いので、もう少しどうにかしてほしいかなって思う

 

映画 | - | - | TOPへ
blog_entry

Recommend