blog_entry
<< 2018年5月読書メーターまとめ | main | 空飛ぶタイヤ >>

名刺ゲーム/社長室の冬/北斗/イノセントデイズ


WOWOWで視聴

 

名刺ゲーム 全4話

テレビのプロデューサーがヒット番組を作り人が変わっていく

それを戒めようと娘とそのプロデューサーに恨みを持つ人物が結託して、ハメていく

首に爆弾、首が吹っ飛ぶという罰ゲーム付き

プロデューサーがどんだけクズ野郎なのかということは、恨みを持つ人の証言で明らかに

マジで半端なくクズっぷりなんだけど、最後がまさかのドッキリ的なものだったというのはね…ガッカリ

結果、ワンマンプロデューサーは改心して娘と仲良く暮らすって感じ

出だしとかなかなかよかっただけに、ドッキリって…暇つぶしにはなります

 

社長室の冬〜巨大新聞社を獲る男〜 全5話

かつては日本を代表する大手新聞社だったが、ネットなどの普及で部数低迷、身売りの話が出る

しかし古参の一部はそれを反対、身売り阻止のため政治と結託する

時代の流れには逆らえない、臨機応変に対応しないと会社の経営はままならない、古い考えも良し悪しである、そんなところがこの作品を見ていると感じる

少々難しいので、落ち着いてじっくりみた方がよい

 

北斗〜ある殺人者の回心〜 全5話

幼少の頃から両親から虐待を受けて育った主人公

しかし実母から離れ養母と暮らすことで、人を愛し愛される喜びを知る

結果、死の間際の養母を助けようと藁にもすがる思いで偽りの水を購入してしまう

病気には効果がないと知ってもなお、養母が求めるので購入

しかしその甲斐なく亡くなったことで、養母を殺したのは霊感商法をしていた人物と殺意を抱く

実行しようとするがバレてしまい、口封じのために関係者を殺したことで逮捕

死刑を望む遺族、生きてほしいと願う者とのはざまで揺れ動く

生い立ちが犯罪とどう関係するのか

犯罪者は改心するのか

霊感商法に関わっていた人は罪にならないのか、いろいろ考えさせられる

 

イノセントデイズ 全6話

結論からいえば無実なのに、本人が認め死刑を望み、結果死刑宣告をされても受け入れてしまっている

無実を信じ、その証拠集めに翻弄するも叶わず実行されてしまう

警察内部にも自供に不明確なところがある、または人を殺すようには思えないと感じながらも自供しているのだから…と疑わずに信じてしまっている

原作未読なので、ギリギリで助かると思っていただけに、まさかの結末

見終わったときはかなりの時間放心状態だった

 

ドラマ | - | - | TOPへ
blog_entry

Recommend