<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

監査役野崎修平/ヒトヤノトゲ/メガバンク最終決戦/60誤判対策室/石つぶて/ドクターY

[ ドラマ ]

WOWOWで視聴

 

監査役 野崎修平 全8話

銀行の監査役が活躍する作品

織田裕二が演じるとみな同じに感じてしまうのがやや難点

それを除外し全体的な内容で見れば、どこもかしこも出世等、自身の欲ばかりだな〜と

都合が悪くなると権力で左遷

そんな中でも屈しない主人公の立ち振る舞いには見ていて清々しいものを感じる

 

 

ヒトヤノトゲ〜獄の棘〜 全6話

刑務官の話

普通に生きているとなかなか触れる機会がない職種なので、興味津々

あくまでも創作で、実際にあったら嫌なんだけど、受刑者と刑務官が主従関係にあり受刑者の方が上っていうのはいかがなものか

また刑務官同士での派閥、禁止行為の実行、裏切りと葛藤

犯罪者と向き合うというのは流されない強い意志が必要なのだろうし、それを保つには信じられる上司や仲間というのも大事

結局、筋を通しているのが受刑者のボス的存在のヤクザの親分というのも情けない話で…

 

 

メガバンク最終決戦 全6話

銀行のディーラーが自身が務める銀行の上層部と決裂し、金融庁と対決していく

元々は上手い口車に乗ってしまい多額の借金を抱えるも、なんとかなるだろうと危機感のない社長に呆れる

世の中、自分の地位、会社の価値観に胡坐かいてる人、多そう

特に銀行は滅多なことでは潰れない存在のようだし

一転二転していく展開に食い入るようにみてしまった

かなりオススメです

 

 

60誤判対策室 全5話

元警視庁捜査一課にいた舘ひろし演じる主人公が、誤判対策室に左遷、そこで定時まで時間潰すようなやる気のない毎日を過ごしていたが、ある情報から刑事だったころのやる気が戻っていく

最初は反発していた検察官も、最後は上司に歯向かい有馬の捜査に加わっていく

あぶ刑事の頃を知っている分、なんかダメ刑事ってどうなのよと思ったけれど、年老いても正義を貫くという定年間近の刑事役もなかなかかっこいい

舘ひろしさんはどんな役をやられてもほんのりとダンディさが漂っているのがいいですよね

オススメです

 

 

石つぶて〜外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち 全8話

最初は江口演じる上司とその部下にあたる佐藤浩市が対立しているのだが、次第に上司が部下がなにを追っているのかを知り協力を求める

手柄を取られると危惧するも最後は機密費がどう裏で動いているのかを突き止める

なかなか聞き慣れない言葉が多々あり混乱するのだが、そういうものが存在するのかな〜とか気が付けばドラマの世界観にハマっていた

原作は未読

興味があるならドラマを見た方が理解しやすいと思う

 

 

Amazonプライムで視聴

 

ドクターY〜外科医加地秀樹 エピソード2 全6話

ドクターXのスピンオフ作品

本家同様、安定の面白さです

問題ありの病院の当直医を一晩だけ受けた加地先生は、その病院に貼られているお札にビビる

幽霊騒ぎと近くで起きた事件の逃走犯と人質とが入り乱れ、どう収束するのかまったく予測できなかったし、オチにもやられた

超オススメです!

 

2018.10.24 Wednesday 11:31 | - | - | 
<< 2018年夏アニメ 1 | main | 2018年夏アニメ 2 >>